コンシダーマルとバランシングゲルを比較

MENU

コンシダーマルとバランシングゲル どちらを選ぶべき?

コンシダーマル比較

 

高い保湿力で定評のあるコンシダーマル(スキンライズローション)トバランシングゲル。
どちらも低刺激処方で肌なじみのいいテクスチャである共通点があります。
この両者について、配合成分や価格、サポート内容など気になるポイントをくわしく比較してみました。

 

 

コンシダーマルとバランシングゲルの内容量やコスパについて

内容量はコンシダーマル(スキンライズローション)が50mlで30日分、バランシングゲルが1本150g入りで2ヶ月分となっています。
どちらもプッシュ式のボトルを採用しています。
コンシダーマル(スキンライズローション)の使い方は一回当たり2~3プッシュ、バランシングゲルは一回当たり2~3プッシュ・乾燥肌の人は3~4プッシュが推奨されています。

 

コスパに関しては、コンシダーマル(スキンライズローション)が一日当たり151円、バランシングゲルが87円。

バランシングゲルのほうが64円ほどコスパがいいといえます。

 

質感や使いやすさは?

 

まずはコンシダーマルから!


キャップをカポッっとあけ、ポンプ式なのでプッシュします。

 


さらっとしたジェル状なので、ワンプッシュで勢いよく出てきます!
白っぽい半透明の少しとろみがある液体で、さわやさと甘さが混じったほのかな香りが…♡
少量で良くのび、肌に浸透していくようで潤いを感じます。

 

 

肌なじみが良いですね。
手に伸ばしても、サラリと伸びます。
っが、保湿感はかなり感じられるかと思います!

 

続いてバランシングゲル!


こちらもコンシダーマルと同じくポンプ式です。
バランシングゲルの方は先端が細長くのびていて、少し形状がちがいますね~!
使いやすさはあまり変わらないかと…^^

 


中身はというと…白いクリーム状で弾力があり、すご~くよくのびます。

のばしたあとは、まるで肌に蓋をしたようにコーティングされ、水分の蒸発を防いでくれているようです。
ほのかに甘ずっぱい、例えるなら、少しヨーグルトに似たような香りに感じました。

 

 

比較してみて違いがよくわかったのですが、コンシダーマルはさらっとした使用感なのでオイリー肌向けかと感じました。ただ、さらっとはしていますが、すぐに肌に浸透していき潤いを感じます。

バランシングゲルはかなりしっとり感があるので、乾燥肌向けだと思いました。

コンシダーマルとバランシングの添加物の有無は?


コンシダーマル(スキンライズローション)はお肌の弱い人でも使える低刺激処方を採用しています。
添加物を極力使用しない製造方法で、無香料・無鉱物油・無着色・パラベンフリー・アルコールフリーの美容液となっています。

 

バランシングゲルも敏感肌や乾燥肌の人でも使える無添加処方にこだわって製造せれています。
コンシダーマルと同じく、無香料・無鉱物油・無着色・シリコンフリー・アルコールフリー に加え、「石油系界面活性剤不使用」となっています。

 

コンシダーマルは、合成界面活性剤が複数配合されています。

例)
・ステアリン酸グリセリル(SE)
ですが、毒性やアレルギー感染などの報告がなく安全性が高いようですね。
引用;

複数の安全性データシートを参考にしたところ皮膚刺激性や毒性はなく、アレルギー(皮膚感作性)の報告もなく比較的安全性の高い成分であると考えられます。

引用元:化粧品成分オンライン

 

 

 

コンシダーマルとバランシングゲル おすすめポイントについて


コンシダーマル(スキンライズローション)とバランシングゲルは、どちらも肌の仕組みにきわめて近いラメラ構造を採用しているのが特徴です。
スクワラン、セラミド、コラーゲンなどの美容成分は両者ともしっかり配合しており、さらに植物由来の美肌成分を含んでいるところも似ています。

コンシダーマル(スキンライズローション)は1つで導入液、化粧水、乳液、美容液、クリーム、パックの6役を、バランシングゲルは1つで化粧水・美容液・乳液・クリームの4役を果たします。

 

これ1つでお手入れの大部分が済んでしまうところも似ていますね。

保湿重視でお肌のターンオーバーを正常化させるコンシダーマル(スキンライズローション)に対して、糖化対策のできるプロテオグリカン配合のバランシングゲル。

それ以外の部分はほぼ互角となっていますので、コンシダーマル(スキンライズローション)もバランシングゲルも評価は同等の★4つといたしました。

 

コンシダーマル1

バランシングゲル

コンシダーマルとバランシングゲルのサポート内容は?

コンシダーマルの定期コースとサポート内容は?

コンシダーマル(スキンライズローション)にはお得に購入できる定期コースが2種類あります!

・うるおい実感定期便スタンダード(回数縛りなし) 3450円
・うるおい実感定期便プレミアム (3回の継続が必須) 2268円

 

オールインワン化粧品には定期コースの回数縛りがよく見られますが、コンシダーマル(スキンライズローション)には縛りなしで購入できるコースも設けられているので、
続けれるか不安な方はそちらを試してみてください♪

 

また、コンシダーマル(スキンライズローション)にはプレミアムプラン(3回受け取り必須)限定で、90日間の返品保証があります。
プレミアムプランの詳細はこちら

 

お肌に合わなかったり気に入らなかったりした場合、購入して90日以内であれば返金できるという制度です。使い始めはよくても次第にお肌の調子が下がってくるということもありますから、期間が90日あるのは心強いといえますね!

 

コンシダーマル1

 

バランシングゲルの定期コースとサポート内容は?

バランシングゲルにも定期便の設定があり、初回3725円でサンプル5回分付きでお得に購入できます。また2回目以降は割引率が上がり4回目からは25%割引が適用されます。 使えば使うほどお得な価格設定となるのが特徴です♪
バランシングゲルのお届け定期便にはサンプルがついており、万が一お肌に合わなかった場合には返品できる保証があります。
※ただ、こちらは定期便だけの保証でサンプルのみ使用、本体未開封のものに限りますので気を付ける必要があります。

 

一方バランシングゲルのお届け定期便にはサンプルがついており、万が一お肌に合わなかった場合には返品できる保証があります。
※こちらは定期便だけの保証でサンプルのみ使用、本体未開封のものに限りますので気を付ける必要があります。

 

バランシングゲルも、回数縛りがないので気軽に試すことができます(^^)

 

バランシングゲル

コンシダーマルとバランシングゲルを一覧で比較!

コンシダーマル(スキンライズローション) バランシングゲル
内容量 50ml(30日分) 150g(2ヶ月分)
定価 4536円 5250円
添加物 無香料・無鉱物油・無着色・パラベンフリー・アルコールフリー 石油系界面活性剤、アルコール、合成香料、合成着色料、シリコン、鉱物油フリー
お得な定期購入 うるおい実感定期便あり・初回2268円で購入可能・2回目以降は20%割引3628円 お届け定期便あり・初回限定3725円・2回目以降15%割引・3回目20%割引・4回目以降25%割引
おすすめポイント これだけで導入液、化粧水、乳液、美容液、クリーム、パックの6役・世界初の特許技術ラメラテクノロジー採用・スクワラン、セラミド、コラーゲンなどの美容成分を配合、30日間の返品保証あり これ1つで化粧水・美容液・乳液・クリームの4役、ラメラ構造のゲル採用、リッチセラミド処方、プロテオグリカン配合、防腐剤配合、10日間の返品保証あり
おすすめ度 ★★★★ ★★★★
公式サイト コンシダーマル公式HPへ⇒ バランシングゲル公式HPへ⇒

 

\ 一番比較されてます! /

写真あり♪コンシダーマルとメディプラスゲルを比較

  インスタでアンジェリカさんがコンシダーマルの画像をアップしていたのを見て知ったこの商品。
高い保湿力でしっとり!と彼女が絶賛していましたが、本当にオールインワン1本でそんなにケアできるの!?と疑問とワクワク感を抱えて1ヶ月間いざ挑戦(^^)

⇒記事を見る


 
  アマゾンや楽天でコンシダーマルの取り扱いはあるようですが、設定されている価格がかなり高くなっています( ゚Д゚)
公式ホームページに載っている定価より3000円以上高くなっていることも。
どこで一番お得に購入できるか徹底リサーチしか結果を皆さんにもシェアします♪

⇒記事を見る


 
  私が実際に1ヵ月以上使用してみて感じた、「この使い方がおすすめ♪」と思う使い方をご紹介しています!
従来のオールインワン化粧品よりもやっぱり保湿効果が期待できる!?

⇒記事を見る